Uncategorized

山小屋バイト〜求人さがしから採用までの道のり

一生に一度はやってみたい、山小屋バイト。

採用の電話をいただきました。登山初心者、フリーターの皿上パセリです。

求人をさがすところから採用までの道のりを、ここに記します。

求人情報はインクノットで

求人情報はインクノットでさがすのがおすすめです。なんてたって山小屋バイト専門のサイト。

たくさん求人がありすぎて、どこにしようか迷っちゃう?

山小屋で働くのが初めてなら、条件別山小屋情報一覧の「初めての方OK」の山小屋の中から選ぶとよいでしょう。

冬の間はシーズンオフ。

4月から11月頃までと期間限定であることが多い山小屋バイト。インクノットでは1月に新しい年の求人が更新されています。

期間は?アクセスは?自分の足で山小屋まで辿り着けそう?お給料は?お休みは?お風呂は?トイレは? etc.

あなたは何を重視しますか。

山小屋のホームページや口コミなんかも、判断材料にしてみるとよいでしょう。

まずは電話してみよう

応募したい求人が見つかった!

そうしたら、まず、電話で問い合わせてくださいねっていうところが多いです。

ちなみに私は2月上旬に電話したのですが、3月中旬にはその山小屋は募集終了になっていました(長期は)。

だから、電話は早めにした方がいいと思います。迷ってる間に定員いっぱいになってしまったら、悲しいので。

それと、電話する前に質問リストをつくっておくことをおすすめします。その場では思いつかなかったけれど、これ聞いておけばよかったなあって質問が後から出てきたので。

たとえば「仕事は分業制ですか?」とか。ちなみに私は担当の仕事をもつよりも、まんべんなくいろんな仕事をやってみたかったので、小規模の山小屋を選びました。

まあ、持ち物や服装のことなんかは、採用された後に必要な情報なので、そういったことは後に聞くとして。

歩荷(ぼっか)の有無とか?なにか質問が出てきたら聞いちゃいましょう。期間限定であるとはいえ、そこで働くのは自分ですから。

ハッピー山小屋ライフ求む。

電話の内容

2つの山小屋に電話してみて思ったこと、お互いに「感じの良さ」が大切です。

話した項目についてまとめます。

山小屋A

期間、名前、年齢、住まい、現在の職業、どうしてこの山小屋を選んだか、山小屋バイトの経験の有無、接客業の経験の有無、交通手段、まずは履歴書送ってください、面接あり

山小屋B

期間、名前、来たことはあるか(山小屋そのものではなく場所の話)、住まい、初心者歓迎であること、携帯電話のこと(つながるキャリア、Wi-Fiの有無)、面接はなし、履歴書を送ってください

履歴書を送ろう

自己PR欄って

何を書いたらいいのだろう?

こういうの書くの、ものすごく苦手なんだよなあ。っていうあなた。私もです。

山小屋バイトの仕事内容は、

  • 料理
  • 掃除
  • 接客

ところにより

  • 歩荷
  • 登山道整備 etc.

私は過去に飲食店で働いていたことがあったので「接客業の経験があります」と書いておきました。

山小屋の仕事内容にからめて考えてみると、書きやすいかもしれません。

履歴書の写真は

こだわりがなければ、コンビニ証明写真、ピクチャンがおすすめです。

3枚で200円、枚数も価格も丁度いい。自分のスマホで写真を撮るスタイルなので、何度でも撮り直しがききます。盛りすぎ注意です。(笑)

最高の1枚を選んだら、コンビニに印刷しに行きましょう。印刷の手順もメールで教えてもらえるので、コピー機の使い方よく分からんって人でも全く問題ありません。

あとは待つのみ

採用なの?不採用なの?早く結果が知りたかったので、履歴書は速達で送りました。

じゃじゃん。結果はこんな感じです。

山小屋A

発送後7日で電話→面接のご案内

山小屋B

発送後3日で電話→採用

まさかの2つとも書類通過。ダメ元上等。

だけどコロナだし、面接のために遠出するのはちょっと……ということで、心苦しいですが山小屋Aには面接辞退の連絡をして、山小屋Bで働かせてもらうことに決めました。

電話を待っている間は

そこはかとなく、そわそわ。

そわそわしつつも、不採用だった時のことを考えて他の山小屋の求人を見たり、採用された時のための質問リスト作り(持ち物や入山日時など)をしたりして、気を紛らわせてました。

おわりに

山道具がめちゃくちゃ高い(登山靴だけで2万円)というのは思わぬ誤算でしたが、たまには体験に投資してみるのもいいものです。貯め込んで死んでしまったら勿体ない。

ビバ星空。山小屋ライフ堪能してきます。

ABOUT ME
皿上パセリ
皿上パセリ
皿という名の人生の上でパセリは踊るように生きていきたい。 人生を楽しむためにブログを書いています。