Uncategorized

コロナでバイトクビになったので、トマト農家で働くことにした。

「店を閉めようと思う。悪いけど——」

新型コロナウイルスの影響により、働いていたお店が休業?閉店?どうなるか分からないのですが、どっちにしろ働けなくなってしまったので、先月からトマト農家で働いています。

どうしてトマト?

トマトが好きだからです。

「トマトもらえるかも」という下心が私を動かしました。

用意してねって言われたもの、というか服装

  • 帽子
  • 長袖
  • 長ズボン
  • 農作業手袋
  • 長靴

持っていくといいもの

  • タオル

普段からハンケチーフなどを持ち歩かない人間なので、初日に忘れました。

汗を拭く。手を拭く。首から下げておくと様になります。

暑くなってきたら、保冷剤を包んで首をひんやりさせよう。

 

  • エプロン

トマトのヤニで服が汚れるのを防ぐ。がっつり汚れていい服だったら、なくてもいい。

ハサミや手袋などを入れられる、大きめポケットがついてると便利です。

 

  • アームカバー

トマトのヤニで袖が汚れるのを防ぐ。がっつり汚れていい服だったら、なくてもいい。

初日は職場のおじ様が予備を貸してくれました。なんて優しい人なんだ。

「ホームセンターに売ってますか」と聞いたら「安いので大丈夫だよ、百円ショップに売ってるよ」と耳寄りな情報を教えてくれた。

 

  • 使い捨ての手袋

トマトのヤニが指先につくと、爪の間が黒くなってしまう。

使い捨て手袋の上から農作業手袋をすれば、安心の二重がさね。

それに誤ってハサミで手を切ってしまいそうになっても、二重にした手袋が刃の威力を弱めてくれる。私は幾度も助けられた。

初日は職場のおば様が「これ使って」と言ってくれた。優しい人たちだ。

 

  • 水筒

休憩時間にお茶とお菓子をぽりぽり。おせんべいってこんなに美味しかったっけ。

でも暑くなってきたら、数時間に1度の休憩だけじゃ間違いなく足りなくなる。

作業の合間にちょこっと飲める水筒があったらいいと思います。

エプロンのポケットに入るサイズのものや、首から下げられるものがおすすめです。

 

  • 塩分補給できる飴やタブレット

夏場は尋常じゃないほど汗をかくので、あると安心です。

私は口にぽんと含んでから、ハウスの中に乗り込みます。

 

  • スーパーの袋

トマトをもらって帰る時に使います。🍅

いつもカバンに忍ばせてあります。

 

働いてみて思ったこと

  • 日に焼けて小麦肌みたいな人ばかりかと思いきや色白な人もいる

日焼け問題は働くにあたって一番心配していたこと。

だけど思っていたよりも焼けてない。特に女性は。

きちんと紫外線対策してるのか、はたまたトマトにすばらしい美白効果があるのか。

どっちもかな。毎日摂取したい。

 

  • ハウスの中はやっぱり暑かった

「頭のてっぺんから足のつま先までびっしょり」とは、このことをいうのか。

ハウスの中で作業したての頃は、頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりしていましたが、徐々に暑さ耐性ついてきました。

だけど無茶はよくない。

 

  • 体力勝負の力仕事

年齢層は20代から60代くらい。男女比は半々。

体は動かしていれば、年を重ねても動いてくれることが目の前で証明されました。

20代の私よりも力も体力もある、おじ様おば様がごろごろいる。作業が速すぎて追いつかない。

おらワクワクすっぞ。

私もスーパーヤサイ人になりたい。

 

  • ハウスの中にハチがいる

ハウスの中には受粉を手伝ってくれるハチが飛んでます。けっこう大きい。

刺さないハチだよと言われても、近くを飛び回られるとこわい。羽音のブーンがこわい。

けど、美味しいトマトをありがとう。

 

  • はねだしトマト好きなだけもらえて嬉しい

収穫期限定。

小さすぎたり、形が個性的だったり、傷がついていたり、花落ちが黒くなっていたりするトマトは買い取ってもらえません。

だけど味はもちろんトマト。捨ててしまうのはもったいない。

そういったトマトたちのことを「はねだしトマト」というのですが、なんと好きなだけもらえます。ふとっぱら!

袋いっぱい持ち帰ったら1週間以上トマトに困らない。毎日トマトを食べられる贅沢。

冷やしたトマトをまんまるなままで齧れば、リトルフォレストのいち子だ。

 

仕事内容の一部をざっくり紹介

人よりもトマトと向き合っている時間の方がずっと長いです。

1人でもくもく作業が好きな人は向いてると思います。

 

  • 葉かき

葉かきとは、余分な葉っぱをなくす作業のこと。ついでに脇芽も摘みとる。

そうすることによって、実の方に栄養がいく。届くべきところに光が届く。

「ぱちん、ぱちん。」

ハウスの中に響くハサミの音。これが散髪みたいで楽しい。トマトの散髪。

うっかり切りすぎてしまった時は怒られてしまった。手加減が難しい。

「俺は毎日仕事が楽しい。」

美しきかな、トマト愛。

 

  • 収穫

収穫なめてました。

ただ赤いやつを採ればいいってわけじゃなかった。トマトの選別。

はねだされたトマトの気持ちになって悲しくなるけれど、捨てる神あれば拾う神あり。私が食べる。

収穫なめてました。

トマトをのせた重い台車を押しながらハウスの中を何往復もするなんて。

地面が土で平らじゃないから、容易に進めないガタガタ道。たまにぬかるんでる。二の腕に効く。

収穫なめてました。

トマトでいっぱいになったコンテナは1箇所にまとめて高く積み上げる。バケツリレーの要領で何十個ものコンテナを運んでトラックに積む。

リレーの最中に腕がどうかしてしまいそうになるけれど、喉元過ぎれば熱さを忘れる。上腕二頭筋に効く。

 

労働時間と休日について

  • 労働時間

私が働いているところは、午前か午後か1日か選べます。私は午前のみで、休憩を含めて3〜4時間。

たまに『収穫おわるまで帰れまテン』が開催されますが、そういう時はお昼休憩はさんで、15時くらいまでかかるかな。

でも、事前に言ってもらえるし、そんなに頻繁じゃないし、どうしてもの時は断れるから、早くおうちに帰りたいんだ残業くそくらえ!の私でも黙ってトマトもぎれます。

 

  • 休日

人が休んでいる間もトマトは成長して赤くなるので、祝日は関係なく、フルタイムならお休みは週に1日というところが多いのではないでしょうか。

ちょっと少ないなって思うかもしれませんが、お子さんの行事とか通院とかプライベートな予定とか、私のところはお休み取りやすいです。現に1週間のうちに誰かしらお休みを取ってます。

それと「農閑期(↔︎農繁期)」っていう農作業が暇になる時期があって、私の農園は7月と8月がお休みになります。

大人になっても夏休みだ。

 

おわりに

汗かくし汚れるし疲れるし、控えめにいっても過酷だけれど、仕事終わってハウスから出ると清々しい気持ちになります。

「あーお腹へった」って帰ってきて、食べるトマトの美味しいこと。美味しいこと。

ABOUT ME
皿上パセリ
皿上パセリ
皿という名の人生の上でパセリは踊るように生きていきたい。 人生を楽しむためにブログを書いています。
こちらの記事もおすすめ